営業マンをするために

f0072976_11265420.jpg
 
「いやけっこうです!」ガチャン!という、そういう反応はさすがにこの業界にはないので、大きな落胆やストレスはない。 が 「いったい何の用だ????」みたいな反応はある。これはある意味「よし!」と解釈している。
なぜならば!イラストレーターからたくさんの売り込みがあるならば、このような反応にならないハズだからだ。
「よし!ライバルは少ないぞ!」と楽観的に考える。

売り込み先は調べれば五万とある。でも仕事につながる可能性はごくわずかなことも知っている。コレを見つけ出すために、かなりの手間がかかることも予想される。でもまず電話しようと思う。できることならば出会おうと思う。 すぐの仕事にならなくても、出会って話すということそのものが、 決して無駄じゃなく必ず有効な情報になるハズだ! とこれまた楽観的に考える。
by YUKI_GOTO | 2010-01-15 11:41