15年前

今日の夕方の石神井公園は オレンジな空が消えた後、糸みたいに細い月が浮かんで幻想的だ。15年前の神戸の空もオレンジだった。夕日のオレンジじゃなくて火災のオレンジだった。いつまでたってもずっとずっと神戸長田の上空はオレンジだった。不気味だった。


ちょっとこけただけで 血がでるはずのアスファルトが あの固いはずのアスファルトが、まるでカーペットみたいにぐんにゃりまがって、ちょっとぶつかっただけでタンコブができるはずのコンクリートの壁が、パンでもちぎるみたいにひきちぎられて、中からは血管みたいに鉄筋がぐにゃぐにゃ飛び出ていた。そしてあっという間にたくさんの人が死んだ。


地球に言わせたら、生き物なんて皮膚の中に住みつくシラミみたいなものだろう。地球の力には到底勝てない。ならばせめてどうして、人為的な争いくらいなくそうとしないんだろうな。 命を失う悲しみは地球の力に奪われるだけでも、もう十分すぎるほど大きいのにな。 
by YUKI_GOTO | 2010-01-17 19:12 | 日常生活 my life