お面を作ろう

夏休みのこども粘土教室では お面を作ることにした。そのリハーサルをやってみる。 粘土はいつもと全然違う粘土。 紙粘土となっているがこれほとんど樹脂粘土だな。
f0072976_1850966.jpg
1 キッチンのボウルと粘土を用意。それとサランラップも。あと作りたい設計図! (もちろんこれもペンタブで描く)
f0072976_18501547.jpg
2 ボウルをひっくり返してサランラップをはりつける。
f0072976_18502138.jpg
3 サランラップの上から粘土をはりつける。 当日はヘラなどを使っての細かい作業はしないだろうから 指オンリーでつけていく。 
f0072976_18502684.jpg
4粘土がついた状態。やわらかいうちに目玉の穴をあけるところにパイプなどで型をつけておく。これを特製乾燥室へ!
f0072976_18503373.jpg
5 約2時間後。 表面は乾いているが 裏は全然だな。 裏はサランラップとかボウルがはりついてるから 乾燥しにくいのだ。でもはがしてはいけない。 そのまま乾燥を続ける。

完成!
f0072976_21262515.jpg

by YUKI_GOTO | 2010-05-19 18:57