青春18きっぷ  塩原温泉のまき

どこでもよかったのだが 貧乏性な私は、やはりもとをとりたくなるので 遠方に向かった。青春18きっぷは5枚綴りで11500円だ。一回あたり2300円。バラにはできない。塩原温泉の最寄り駅は西那須野駅。那須高原の近くになるはずだ。今回はとにかく 私鉄を使わない場所がいい。そんな理由で塩原温泉に決まった。 
f0072976_0385362.gif
f0072976_0393065.gif


図工舎東京支店のある駅 石神井公園駅から 宇都宮経由で西那須野到着。およそ3時間。
しかしそこからJRバスにゆられて50分もかかったが。 

事前にちょっとみたところ 町営なのか100円とか200円の露天風呂がいくつかあるじゃないか。 魅力的だ!そういう小さくて設備のあまり完備されていない風呂は聞くだけでワクワクする。  ただし! 混浴。  
う〜ん。 おっさんいないことを願う。

f0072976_142310100.jpg

「あれや!」 と温泉を指差すわたしを撮影してくれてるのは毎度おなじみ昆氏。スケッチする私を撮影してもらうという役割で今日は終日昆氏に同伴してもらうことにした。
それはいいが、混浴どーよ・・・・ 
f0072976_1413050.jpg
f0072976_146675.jpg
比較的至近距離になるので風呂に入っている男性に気づかれないようこそこそと隠し撮りじゃなくって隠し描き。時々男性の頭が動くので やばい! と 木陰に潜んだりして苦労した。 別に男が見たいわけじゃないんですからね。  


f0072976_1462085.jpg
f0072976_1472518.jpg
 
f0072976_1974741.jpg
別に何があるわけじゃないが川をスケッチ。 

短い遊歩道をつっきりバス道に出て、この町においてあった案内パンフレットだけをたよりに次の露天風呂に向かう。そう! これだけがたよりのええ加減な旅なのだ。 計画もなければ地図もなしにやってきた。それがいいのだ。時間に拘束されず 気ままに行くのがこの旅の醍醐味なのだ。

 この案内パンフはまさに嫌がおうでもそれを 実行させてくれたようだ。 行けども行けども目的の地に全然到着しない。 こんな道はないぞ! ここはどこだ! あげくに 病院に迷い込んでしまった二人。入るなり目の前は霊安室だった。 

なんとか到着 「岩の湯」 
f0072976_1474611.jpg
f0072976_14133315.jpg


そこからすぐのところに「不動の湯」
f0072976_14174479.jpg
そんなわけで三つあった町営か何かしらないけど安くて感じの良い露天風呂はみな混浴でみな 男性入り。 脱衣場は完全に 風呂からも通路からも丸見えのところだ。 さすがにこれは無理。しかたない。ばーさんになったらまた挑戦しようかな。 

恒例の川遊び。 川があると必ず靴を脱いで川に入って川底を覗く。 これ鉄則。 
f0072976_14172993.jpg


遊歩道をもっと歩こうとする私をさりげなくバス道に誘導する昆氏。 若干しぶしぶバス道に向かう。親にひっぱられていく子供の心境。ところが見つけたバス停の横には 「この先滝」の表示が! バスの時刻まであと40分もある。 これは行くしかないぞ! またワクワクしてきた。


「竜化の滝」  さほど期待もせずに 行ったのだが 行ってみるとなかなかの迫力だった。 なんたって涼しいし。 フィトンチットにマイナスイオンとやらを ふんだんに 取り込んだことだろう。
f0072976_1420388.jpg
f0072976_14204573.jpg

滝を撮影する昆氏。 今日は朝から夜までのおつきあい おつかれさまでしたのありがとうございました!帰りは宇都宮の餃子で一日を終えた。
by YUKI_GOTO | 2010-09-07 15:03 | 旅とスケッチ sketch