スリランカの旅  3/11(金)コロンボからキャンディーへ

スリランカ南西部にあるコロンボは、スリランカで最も大きな都市だ。イギリスの植民地下にあったためコロニアルスタイルの洋館が多い。
f0072976_21232364.jpg

私は最も大きいらしいコロンボフォート駅に向かった。ヒルトンホテルから徒歩5分程度だ。周辺には小さな用品店や飲食店が並び、目が合えば100パーセント声をかけられる。
f0072976_2131734.jpg

f0072976_21335032.jpg


駅の中で私は、クルンクルンとカールしたような形のシンハラ語の看板をぼんやり眺めたりして、はてさてどうやって切符を買おうかなと思案していた。日本は本当にくそバカ丁寧な国だから、何度も何度もアナウンスしてくれるし、危険だから線の内側に並べとかまで忠告してくれるけど、そんなことしてくれるわけない。どうせしてくれたところで 聞き取れないから一緒なんだけど・・・

そんな時ステーションツアーというオフィスの人から声をかけられた。アドバイスだけ聞くつもりだったのだが結局、ツアーを作ってもらうことに。自分一人でさまよう旅の予定は、いきなり計画的な旅になってしまった。最初だからまあいいっか!

f0072976_21233470.jpg
切符を手に入れる。
そんなわけで私は一人、長旅の列車に乗った。列車から見える景色は緑と畑。 日本の自然と何がまず違うかって ヤシの木が延々続くことだろう。 よその国にきたんだなと思う。
f0072976_2124651.jpg

f0072976_21235730.jpg

f0072976_21241383.jpg


列車にゆられて3時間 予定どおりキャンディという町に到着した。 ホームにはインド人みたいなひょろんとした男性が私を待ってくれていた。 
f0072976_2124238.jpg
キャンディ駅

       つづく



*この列車の中でぼんやり外を眺めている時に国際電話が入ったのだった。 「後藤さん!大丈夫ですか!」 って・・・・・。その人は私が東京にいるものと思って電話してくれたのだった。 「東京方面は今大変なことになってるんだよ!」 

大津波と地震があった....東北エリアで・・・・ 東京にも被害がある・・・・ 阪神大震災よりも大きな災害・・・・・・ 電話が途中で切れた。私は今、日本から数千キロも離れた南の島にいる。自分の国がえらいことになってしまった。その夜宿泊先のゲストハウスで、インターネットにつないでニュースを見た。

阪神大震災の時に感じた感情がフラッシュバックした。今私の周辺に日本人は誰もいない。不安をぶちまける言葉もはけずに、唖然としてパソコンを見るだけだった。知り合いになったドイツ人の女性が隣で涙を流していた。



by YUKI_GOTO | 2011-03-21 21:55 | 旅とスケッチ sketch