いろいろあった日

今日で母81歳! 電話したら延々しゃべるしゃべる。


「(近所の)Tさんのスカートの裾あげることになったわ、そしたら(娘の)Kちゃんもスカートもってきてん。


(途中トイレで中断)


あの子は猫がほんまに好きらしいで。(病気の)レイン(猫の名前)の様子見にしょっちゅう実家に帰ってるきてるわ。


(途中米屋の配達で中断)


ところであんた、12月1日は家で留守番してくれるか? Sさんらと3人で広島旅行したいんやけど・・・・・ 」


そして3時間が過ぎた。そういうわけで私は、12月1日は21歳の老猫フィガロの面倒を見に明石に戻り、81の母は広島へ行くことが決まった。


いかん! 営業ファイルをはやくプリントせねば!


 一番兄の紹介で「地球の歩き方」の会社の社長のお話をうかがった。国外のみならず、国内もあっちこっち、生き字引みたいだった。

触発される。またどこかに行きたくなってきた。さまよいたくなってきた。 


一人でさまよう時、わくわくと、ドキドキと、おそるおそるな感情が混ざると、化学変化でも起こるみたいに、新しい自分ができあがって、たぶんテレビ見るより10000000倍くらいすべてが面白く見える。

そういいながら東京でおとなしくして、時間だけが過ぎて行くんだけど、今はクレイドール展に全力つくそう。


その後、クレイドール展の案内状を持って末松信介事務所に突撃訪問した。あいにくご本人不在だった。同級生だった一番兄との40年以上ぶりの再会を傍観してやろうと企んでたのだが・・・・・



でも他の秘書の方々と話できた。気さくな人たちばかりなんで、今度飲みに行こうねと約束する。
そして私のあのスケッチがこんなすごい所にでかでかと・・・ううう・・ありがとうございます(涙)
f0072976_9344116.jpg

いつかきっと

「これはな〜ごとうゆきの初期の絵や。でかい絵よー描きませんってびびってたころのヤツや。」


「へー、ごとうゆきってこないだ徹子の部屋に出とったなあ」 


「あーあのええ年こいておさげしてるオバハンな・・・」 



などなどどう言われてもいいから、有名になりたいと思ってますので頑張ります。



思えば私の周囲には応援してくれてる人があっちこっちにたくさんいてくれる。 どたばた劇を繰り返して、まともにお礼もできないままに時間は過ぎていく。 今の私には「感謝しております」としか言えない。 


将来の私は徹子の部屋にはでないかもしれない。


将来の私は別に有名でもなんでもないかもしれない。


将来の私はいつまでたっても家賃を払うのが精一杯かもしれない。


けどせめて わたしと共有したその一瞬一瞬の時間が、楽しい思い出の一つにしてもらえるようでありたい。 
「一期一会」か・・・・末松氏の大好きな言葉らしい。 
by YUKI_GOTO | 2011-10-04 23:20 | 日常生活 my life