今日のお客様

あれは去年の秋のことだった。私は東北でクレイドール展を実現させるためには・・・と考える日々だった。



フォスタープランの担当の人は言った。「お役にたてなくてごめんなさい。そのかわり、関係するボランティア組織の一覧を送りましょう。」



そして私は一覧を上から順番に電話した。そこで一番熱心に聞いてくれたのが 「明るい社会づくり運動」という組織だったのだ。



私はさっそく中野区にある事務所をおとずれた。 玄関には仮面ライダーみたいなかぶりもののヘルメットが並んでいる。いったいここは何をするところなのだ? 



不安と好奇心で複雑な心境の私を案内してくれたのが竹嶋氏(右)だった。 私は自分がこれからやりたいことを説明した。 竹嶋氏は熱心に聞いてくれ、私の動きに賛同してくれた。




そして竹嶋氏の計らいのおかげで 私は数カ所の展示場所と連絡がとれ、宿泊場所まで提供いただいた。 
f0072976_21371491.jpg


そして今日竹嶋氏は新人の水島氏(左)を同伴で初訪問された。おみやげにいただいた甘納豆を、ほぼ私一人でばかすか食べながらインタビューを受け、そして駅前の沖縄料理店「宮古」に向かい、おいしく楽しく爆笑しながら 時間が過ぎていったのだった。


明るい社会づくり運動
42年前に設立 日本のあちこちに支部がある。その名の通り、明るく楽しい社会にしようと頑張る人たちが集まってできた組織。




事務所で最初に見たヒーローもののヘルメットはちびっ子たちのアイドル「明社レンジャー」に変して寸劇をするために欠かせない秘密兵器だったのだ。






 
by YUKI_GOTO | 2012-02-15 22:09 | 日常生活 my life