タコvsタコ 会談

明石「魚の棚」で金引青果店を営む西の理事長瀧野氏と「明石と南三陸町の未来」について会談。
場所は、明石で有名な居酒屋「道場」
多忙な瀧野氏、会談に遅れるとの連絡があり、一足先にオッサンまみれの店内に入った。
f0072976_9451695.jpg

瀧野氏にはぜひ渡したいものがあった。南三陸町志津川の入谷YES工房で買ったタコの文鎮。
志津川というと明石と同じくタコの産地で有名だ。
今年の1月にお邪魔した時は、まもなく仮設の商店ができあがるといった頃だった。
f0072976_1027786.jpg
入谷YES工房会長の高橋さん


今ごろ入谷YES工房の会長高橋さんは、仮設の料理店を再開して頑張っておられることだろう。
瀧野氏に進呈したたこの文鎮「多幸鎮」には、手描きの小さな旗がついているが、それには高橋さん直筆のメッセージが書かれている。さっそく、何かコラボでやりたいなあという話になった。
さすが理事長!動きが早い!


そうして八百屋の瀧野氏、明石のタコを熱く語ってくれた。 
なんかやりたい!なんかやりたい!そう思ってる人は影にはけっこういるらしい。
でもいざ腰をあげて実行するのは大変なものだ。

でもやるだけのことはきっとあると思うぞ! 
なんかやりたい!明石のタコと南三陸町志津川のタコのコラボレーション。
f0072976_943939.jpg

魚の棚の瀧野氏と「道場にて」
by YUKI_GOTO | 2012-03-28 09:30