f0072976_1771218.jpg

わたしは今日 いったい何をしていたのだ?今無事ホテルに送還された。まさか こんな大掛かりになるとは。ただわたしは 温泉に入りたかっただけなのだ。 一番いきたかった温泉ルートが わからなかったので 別のエリアを探してきただけのこと。有馬温泉がわからんから 塩田温泉にしとこか といったレベルの話やのに わたしは 警察に送還され 今ホテルに到着した。しかし考えてみたら あそこに警察があってよかった。10人くらいの警官に囲まれて まるで珍しい動物でも見るみたいにおもしろがられて わかる言葉は日本 日本 のみ。何かがあるとあかんから ということで ホテルまで送ってくれたのだ。最初の警察が明石警察署レベルなら その次に兵庫県警察署レベルのところまで 運ばれて そこから担当者交代だ。こんなわたしごときにここまでしてくれて これがタクシーなら200元はいっただろう。 パトカーではない警察の車に乗せられた。サンタナという車らしいが わたしは車はよく知らない。
最初の担当者は ホンダが好きだ CRVがほしいといってた。CRVは比較的北京でよく見る。 次の警察署でも部屋に連れていかれた。 二人の美人警察官がいた。私服姿で センスある人で なんか 女性だけは刑事ドラマにでもでてきそうな雰囲気だった。ひとりはフランス語を もう一人は英語をマスターしているらしい。わたしを運んでくれた二回目の担当者はドイツ語。テロ対策の勉強をするためドイツに4年いたとか。 車の後ろには日本製のキャットフードがあった。日本製は高いけどいいと誉めていた。そんなこんなで約90分のドライブが終わり また絵はがきをプレゼントして電話番号の交換もした。よし これで なにかトラブルが発生してもばっちりだ。 てなわけで今Sが持ってきてくれたチョコレートとコーヒーで一息いれたとこだ。やれやれ ちなみにここでも みんな非常にフレンドリーだったので 警察にいたという 感覚がまるでない。再見!とニコニコ手をふりふり わたしは警察署を出た。
by YUKI_GOTO | 2007-02-16 17:07