3/4

 中国語が理解できずに中国に行くということは 耳や口が不自由なのと同じだという極論の意見を聞いた。しかし 現実は耳や口が不自由な人でも ちゃんと生活しているのに、本当の聾唖者の人がこれを聞いたら怒るだろう。甘えるなと。
確かに苦労するし、スムーズじゃないけど、コミュニケーションはいざとなりゃ どんな手段でも使うことができる。
やたらオーバーアクションで、紙に汚い絵とかへんな記号とか 並べて そいつを叩きまくって わめいたりする光景は チンパンジーかなんかに見えるんじゃないかな。サル化して対話が成立した時って けっこう喜びが生まれたりするのだ。 

 言葉は唯一のコミュニケーションの手段じゃないけど、 短い時間の中でたくさんの内容を伝達するためにとても有効な手段だ。
今回知り合った人たちとより深く仲良くなるためにも、あたしゃ もっと中国語勉強するぜ。
by YUKI_GOTO | 2007-03-04 22:14 | 旅とスケッチ sketch