10/6 

ピタッととぎらしてしまった。昨日の火車 ヒグルマではない ホアチャ というらしい。猛烈なスピードで走っていりイメージだが多分普通だろう。私は結局最後まで立った。正確には最後の15分くらいは座った。立っていると隣に若い女の子が立って 約1時間30分ほどたってから あちらから 話しかけてきた。

二人でたどたどしい英語で会話した。 彼女もスタイリストだった。私の髪はもっとカラーリングしてカールさせたらいいとか やたら言われたけど それはする気ないし カットなら先日josiahにやってもらったばかりだ。しかし彼女は なかなか明るい人で 電話くれたらおいしいとこや買い物スポット連れて行ってあげると言われた。 頼もしいな。

北京駅までおしゃべりした。北京駅はこれまたありの巣状態で 人の動きはまるで かたまりかけた溶岩みたいににぶい。 イライラするわ 疲れるわ 体 気色悪いわ そんな時 王さんから電話いただき 急遽 ランチが決まる。「 日本料理 どうですか?」の質問に 「全然 懐かしくないですねえ」 と答えてしまったが 王さんは日本料理やさんに決めていたようだ。こりゃ 失礼。

お友達も先にきていて 中国語と日本語の混ざる昼間の宴会が始まった。 典型的日本料理が次々運ばれてきた。 やっぱりどことなく 違うんだなあ。 だてに40年日本に生きてないわけだ。乾杯ってのは最初に一回するものだと思っていたが 何回も 乾杯する。 そのたびに 私のなかでガクン ガクンと 崩れていく気がした。 ここは5つ星ホテルのレストランだ。昨日私がいた旅館というホテルとはもうつきとすっぽんだ。いろいろ体験させてもらえて ラッキー。

さて ワンフージンにいる。 あまりに寒いんで 服を買った。ワンフージンにある服やさんの服は全然安くない。 アディダスのウワッパリと 毛糸の帽子を買った。とても快適になったんで さてまた歩く。本日街徘徊の日。

f0072976_20335663.jpg
しばしば見かける北京のコンビニ 
f0072976_20342825.jpg
 JURGENとデート することになった。 新疆レストランにつれてってもらったけど、緊張して肝心のメニューを撮影してない。アホちゃうか!もう。 
f0072976_21285363.jpg
 北京の山 
秘密の場所だと主張するから ここがどこかは 公表しないが、公表したところで 「そんじゃー行ってみよう!」って人もまずいないだろう。 日本とよく似ていると思う。
f0072976_21305492.jpg
これはちょっと興味深い。 政治家が住んでいる場所らしい。 かなり広い敷地で 門には 警備か警察がたっている。政治家といっても具体的に誰がすんでいるのか? 毎日ここにいてるのか、 それとも別荘か? 英語で説明されてさっぱりわからないのが悔しい。
by YUKI_GOTO | 2007-10-06 14:23 | 旅とスケッチ sketch