1/1 初山歩き兼初詣

須磨浦公園より 出発! 年明け早々晴れ女パワー全開!
f0072976_21284626.jpg
2008年初の山歩きは須磨浦公園を出発して高取神社をスケッチして適当に下山する予定だった。
f0072976_21582365.jpg
 高取神社でスケッチ かなり寒くて 手がかじかんでゆがむゆがむ。 次第に体も冷えて来たので さっさと下山することにした。

f0072976_22404648.jpg
そういうわけで私は高取山から下山するのがもったいなくなってそのまま 山を歩き続けた。 六甲山といえでもなめたらあかん〜 なめたらあかん〜  木が生い茂る山道は 通常よりはるかに暗くなるのが早い。 鍋蓋山をこえたころから 足下が見えなくなっていた。 

そしてやっと大龍寺についたころには真っ暗けだった。幼少時 ダイエーの地下の食料品売り場で母親を見失い 絶望的になってしまった自分を思い出した。 六甲山はとても整備された歩きやすい山だ。 しかも耳をすませればふもとの神戸の町の車の音さえも聞えるかもしれない。 でも 少なくとも自分が今たっている場所においていえば、 人間は私ひとり、 背後にある大龍寺の街灯以外に 明かりは何一つない。 
自分は本当に無力で何も出来ない人間だなあって感じた。 5才のころの私と何一つ変わらないような気がした。
by YUKI_GOTO | 2008-01-01 11:12