つづき2

ハッチーはどこかにいってしまった。 小さな器の中に入れた蜂蜜だけが窓のレールの横に今ある。 アレを全部食べるのはまず無理だろう。 人間だったらおそらく たらい一杯の蜂蜜を平らげるほどの量だ。

ハッチーはどこにいったんだろうか。 礼はいらんぜ と言ったものの 黙って姿を消されるとちょっと寂しい。偽善ではなく善意のみで行った行為ならば 相手の反応を期待してはいけない。 ハチごときで何をぶつぶつ私は朝から言ってるのだろうか。 
フォークリフトにかからねば。
by YUKI_GOTO | 2008-03-25 08:54 | 日常生活 my life