5/17 九フンに行く

九ふんのふんは本当は人べんと右に分と書く。
台湾のパンフレットには100%案内されている観光地のようだ。昨日の淡水が北西海岸なら 九ふんは北東だ。 前知識全くなしなんだけど あんだけどれにもこれにも赤提灯のぶらさがった小径の写真が掲載されているんで 私も見に行くことにした。台北駅から電車でおよそ1時間 瑞芳車場という駅で下車。 
駅について タクシーをひらった。 
f0072976_2333185.jpg
タクシーから降りたらそこが九フン そこから見下ろす眺め
f0072976_2372117.jpg
 すぐに小径が右手に見えた。 宝塚市の清荒神に行く道によく似ている。両脇に お菓子などのお店がひしめきあってならんでいる。 お菓子は主に餅の類いが多いようだ。 昨日のお好み焼きといい台湾の人は もちもち びろーん てろーんって触感がきっと好きなのに違いない! 

アホな私は肝心のその赤提灯のぶら下がったベストショットを撮らずに帰ってきてしまった。 なぜかというと 一応理由があって 今日は土曜日、観光客がひしめきあっていたのだ。 たぶんもともとはひなびたいい感じなんだろうけど あんだけ 人がいたら なんだかもうどうでもいいや!みたいな気分になってしまった。 

かわりに子犬を撮影! 近づいたらささっと隠れてしまったんだが う〜ん コイツはかわいっ!
f0072976_2343349.jpg

有名な提灯横町はほぼ素通りして もっと上に上がって行くと なんだかカラフルな別荘みたいな小さな家がたくさん並んでいる。 いったいアレはなんなんだ? 確かめないと! 
f0072976_235154.jpg
 なんと墓だった。 むっちゃカラフルなお墓。 沖縄もこのような文化があったっけ?
by YUKI_GOTO | 2008-05-17 12:08 | 旅とスケッチ sketch