9/5

f0072976_20553644.jpg

風呂に入った。シャワーだけかと思ったらちゃんと浴槽があった。船の中は若い中国の女の子が多くて バスでいえば青春ドリーム号みたいな感じだ。びっくりしたのは みんなパンツをはいたまま風呂にぞろぞろ入ってきたのだ。すっぽんぽんは私だけで なんか私ひとり とんまなことしてるんじゃなかろうかと少し不安になった。

一人の女の子がパンツをはいたまま浴槽に入り どっぷり浸かることなく 足だけささっと 洗ってさっさと出た。 ひょっとしてみんな浴槽の中でああやって小鳥の水浴びみたいにばしゃばしゃやってるんなら 浴槽の湯はかなりにごってるんかなと思ったら 全然そんなことなかった。中国の人は風呂に浸かる習慣はないはずだから きっと利用する人が少ないんだろう。

そこで 少数民族日本人の私は 「風呂とは!」といわんばかりに どっぷり湯船に浸かり もちろん バシャバシャなんてせず頭の上にタオルをのっけて 「たび~ゆけ~ば~ 」と歌いだした というのは最後だけ嘘だ。 そういえば 今レストランで交流会を開催し
てるらしい。私は相変わらず眠たいんで 船上の交流はパスする。

昼のレストランでは すごいデブな体格の西洋のおばさんが一人食事していた。かなりな巨体なんで 目立つんだが いつも一人なんでこの人も一人旅かもしれない。 日本から天津に向かってるんだから 日本も当然見てると思うんだが ビュッフェでとったご飯の椀には 手をつけず 仏さんの線香みたいに箸を ご飯に突き刺していた。 マナー知らないんだろうけど あんまり いい光景じゃなかったなあ。

文化違えばこんな些細なこともことごとくやり方がかわってくるんだなあ。 ところで 甲板から見える光景 今は限りなく黒の世界。 遠くの灯台の光が蛍を少しだけ思わす。 明日朝日が見れるかなあ。 早いけどそろそろ寝ようと思う。
by YUKI_GOTO | 2008-09-05 20:55 | 旅とスケッチ sketch