9/13(土)南ルオグーシャン のホテルに来た

こないだのホテルに来た。地震のこと ホテルのお客さんから聞いて驚いた。震度7が北海道にあったって本当か? 自分の知らないうちに自分の故郷がえらいめに合うなんてごめんだ。
f0072976_9395073.jpg
この小さなホテルのロビーというよりリビングルームだな、 ここに座って見ず知らずの人たちと たどたどしい会話をした。「どっからきたの?」「日本です」「こないだ大きな地震があったね」「うそ??!」「どこ?」「ちょっと日本の地図書いてみて」(おおざっぱな日本地図を描く)・・・「ここです」「北海道やんか!」そういう感じの内容をボロボロな会話で続けた。 

旅行として外国にいることはとても刺激的で楽しいが、 住人として住むとなるとやはり簡単じゃないと感じた。 食べ物も慣習もかなりすぐになじんでいる方だと思うが それは自分で気がつかないけど 実は無理をしているように思う。なぜなら 強烈に疲れるから。

食べ物もうれしそうに チャレンジばかりしていたら あっと言う間に体をダメにしそうだ。買ってきた金魚だって いきなり 水槽に入れたりしないように ゆっくりゆっくり ガードをはずして馴染むべきなんだろうな。

でも時間ないからしかたない。どうか前の冬みたいに 風邪ひきませんように。 はやくシャワーして寝よう。明日はとても早い。どうか地震の影響がひどくありませんように。
by YUKI_GOTO | 2008-09-13 22:34 | 旅とスケッチ sketch