11/2(日)スケッチの旅終了

まるまる二日間 スケッチ三昧だった。 それも病院の中、看護師のかっこうで!先生らしくないK先生は患者さんからも看護師さんからも慕われていた。そういえば私もエコーをしてもらうまでは Kさんがお医者さんだったってことうっかり忘れそうだった。(失礼)

Kさんは 昨夜とっておきの芸、「手品」を披露してくれた。 といっても 長いことやってないらしい。 神妙な顔つきで道具をとりだし、たどたどしいてさばきでカードを並べ始めた。 「もう一回!」とリクエストしても 「いや!」とニヤニヤしながら背中を向けた。ベテランお医者の後ろ姿が妙にかわいらしくて 奥さんのYさんと顔を見合わせて笑った。

今朝、寝坊して10時ごろリビングに下りた時、ちょうどKさんが急患の往診から戻って来た。危篤の患者さんらしい。 急患に日曜日は関係ない。「今日あたり 危ないかもな〜 遠くには行けないなあ」私を新岩国の駅に送る車の中で話すKさんはやっぱりお医者さんだった。


風変わりな3泊4日のスケッチステイは忘れ難い思い出となって終了した。K先生、Yさん いろいろなお気遣い ありがとうございました。 どうぞ多くの患者さんのためにも 看護師さんのためにもお体を大事にお過ごし下さい。また邪魔しに行きます。

f0072976_2251439.jpg往診の様子


f0072976_22522260.jpg



























手品を披露してくれるK先生
by YUKI_GOTO | 2008-11-02 22:57 | 旅とスケッチ sketch