2007年 02月 25日 ( 10 )

追伸今さっき送った写真はわたしが利用した温泉。
by YUKI_GOTO | 2007-02-25 21:00

_f0072976_20564565.jpg

最初に送った建物は まさに泳ぐための施設らしく わたしはこの中には入っていない。隣に 中国らしいなかなかかっこいい建物があってそちらを利用した。といってもこちらでも泳ぐのだが。写真の方がたぶんお子様向けだ。わたしの行ったやつはアダルトだ。さすがアダルトは カップルがやたらベタベタ仲良くしている。すぐ横に人がおろうが おるまいが 関係ないらしい。 見ようによれば 大変仲良く微笑ましいではないか。JOSIAHも奥さんとかなりベタベタな写真をワザワザ見せてくれた。ハイハイわかりました ごっつぁんです。ってなところだ。 何かと日本より 感情のまま あるがまま と感じる。そういえばある本に 女性は脇の処理をしないとかいていた。それを確かめるべく目の前のオバハンをしげしげ観察。 本のいうとおりだった。これもあるがまま主義なわけね。泳いで温まってベタベタをいやでも見物してを5セットくらい繰り返してわたしは更衣室に行った。 ちなみにここの料金は50元 足すデポジットを50元。バスローブ
とサンダルが含まれる。更衣室はうさんくさく 水浸しで 使用済みバスローブが脱ぎ捨てられている。天井はカビまみれ。なかなか中国らしい。それに人が集まるところ 必ずニンニクの臭いが鼻につく。早く脱出したい。 着替えかけた時 女性があっちにシャワーがある シャワーをしなさいと指示してきた。さすが中国でも あのすごくナチュラルな温泉に入った後はシャワーするんか そーかそーか と隣の部屋でシャワーした。シャワー中 先ほどの女性が横に張り付いている。こっちは素っ裸だし いくら女でも張り付かれると 恥ずかしい。アウシュビッツのガス室に連れていかれた心境でもある。 しかし日本人たるもの裸の付き合いには慣れてるはずだといいきかせ なにごともないように バスローブを手にしたら 次はこの上に寝ろという。 マッサージの手つきだ。しまった マッサージだった。サービスなわけない。料金表が貼っていた。しかし20元 20元やったらまあええか。しかしこっちは相変わらず素っ裸だ。タオルの一枚も身につけてい
ない。そのまま台の上に寝ろという バケツでバサーッと湯をベッドにぶちまける。まな板の上の鯉とはこのことか…垢すりだった。最初はうつぶせだったけど またバサーッと湯を体にかけられ 仰向けになれと言われた。なんかタオルの一枚くらい貸してよ~ まな板の鯉というか 今から解剖される死体みたいじゃないか。しかしオドオドするのも恥ずかしいんで
ア~ 気持ちええわあ~ ってな態度を懸命に作ったつもり。何をされるかわからない状態ってのは たかが垢すりが アウシュビッツにまで変貌してしまう。すべての原因は言葉がわからないからだ。 言葉わからなくても なんとか平和に物事が運ばれていることはありがたいが わたしの中国語力 まるで上達していないようだ。ひょっとしたらほんまに アホなんかもなと実は今ちょっとばかり情けない気分でいる。垢すりも終わり服も無事きた。中国人は素っ裸を恥ずかしがったりしないみたい。みな堂々と素っ裸で着替えていたし カーテン開いたら 外は共用スペースなのに いつ開くかわからない危険ゾーンに素っ裸でたつし。やっぱりあるがまま主義だ。 とにかくすべては スムーズに?終わり フロントで清算した。相変わらずみなフレンドリーで いちいち ポカーンとするわたしに 笑顔で返す。わからんわ ごめんなさい という言葉だけ スムーズに言えるようになった。でも 没事没事 メイシー メイシー かま
わんかまわん ってことらしい。なかなか意思疎通できないもどかしさにお互い笑いながら 最後は 謝謝 再見 ! 挨拶して 温泉を後にした。
by YUKI_GOTO | 2007-02-25 20:56

_f0072976_1743021.jpg

おいしかったけどやっぱり食べきれん。そーや つつんでもろたらええんや。本にも書いていた。持ってかえりたいんです というと すぐ ニコニコしながら 容器に入れてくれた。これからは こうしよう。 バスも見つかった。一件落着 やっぱり どないでもなるもんだ
by YUKI_GOTO | 2007-02-25 17:43

_f0072976_17132192.jpg

よく泳いでお腹がすいた。甘いお粥と鶏肉とピーナッツの炒め者を注文。どちらもとてもおいしい。奥では従業員つがバカでかい音で串焼きたべながらテレビみてさわいでいる。日本じゃ考えられない光景だけど なんたって客はわたし1人で店の人7人もいるんやしそら 暇やろう。もう慣れた
by YUKI_GOTO | 2007-02-25 17:13

_f0072976_16551158.jpg

ついに入れたわい。言葉が通じんのはほんま大変じゃ。しかしみなやさしい。日本人も外人に対してやさしいとは思うけど 違うのは こちらじゃ どないしたどないした!?みたいにして その辺の人たちが集まってきたりする。そしてみんなでワアワアいいながら アドバイスしてくれたりする。 今回も例外にもれず さっぱりわからず もはや これまで とまで思ったが とにかく これ以下には絶対短くできない単語を並べ 笑顔と絵とジェスチャーで かろうじて最低限の意思疎通ができた。てなわけで水着きて入ってきた。屋根ついた方は46度で広い方は26度。まずは屋根ついた方で体をぬくめた。 そして久しぶりに泳いだ泳いだ! 1ヶ月ぶりだ。ゴーグルないからフワフワラッコみたいにひっくり返って浮かんだり犬かきしたり ゆっくり平泳ぎしたり 気持ちいい! 温泉といっても 体を清めるんじゃなく 温水ジャングルプールみたいなもんだ。 人工なのに もはや 自然の池といいたいような水の感じ
これを良く解釈するか悪く解釈するかは 人それぞれ。
by YUKI_GOTO | 2007-02-25 16:55

_f0072976_13254821.jpg

どうも 勝手がわからない。どないして ここにはいろうか 楽しそうな男女の声が聞こえるが あまり人はいない。
by YUKI_GOTO | 2007-02-25 13:25

_f0072976_13125471.jpg

着いた またでかい建物だ。
by YUKI_GOTO | 2007-02-25 13:12

_f0072976_1304185.jpg

しまった。行き過ぎた。今までの車掌さんはわたしが外人だからだと思うが必ず親切に ここで降りろと教えてくれたが 今回は教えてくれなかった。そんなもんを頼りにするんは よくない。道路をじっとみてたら あったあった 行きたい温泉の建物が!みつけただけうれしいわい。着いたも同然。今 バスを降りて トボトボ 徒歩でバックしている。今回は警察の世話にはなるまい
by YUKI_GOTO | 2007-02-25 13:00

_f0072976_12384980.jpg

地下鉄が工場中なんて序の口だ。目的駅徳しょう門に到着。 ここからまたバスだ。徳しょう門のバス停は至る所にある。わたしは949に乗りたかった。いくら探してもない。2冊のガイドブックを確認し バスの路線図が表示された地図をにらめっこしてるにもかかわらず。徳しょう門に点在する各バス停は全部離れている。片っ端から歩いて探したけどなかった。これで1時間費やした。車掌に聞いた。何を言ってるんかわからんが 949なんか あれへんで なあ~ っな感じでみんなで話してる風だ。そして新しいルートを書いて教えてくれた。このルートは温泉まで直接はいかない。また乗り換えがある。今 その乗り換えたバスにいる。 もうどないでもなれ!の心境だ。どないかなるのだ。
by YUKI_GOTO | 2007-02-25 12:38

北京 くもり かなりどんより 気分もどんより 温泉に再度チャレンジしているのだが いきなり つまずく。今回は前とは反対方向に向かっている。北京駅から地下鉄に乗る。なんと目的の駅を通過した。各停の地下鉄が。うっかりしてたんだと思い 反対線路に乗り換えバックしたら またしても通過。 その駅に限って只今 工場で閉鎖とわかった。地上に上がって 目的駅までバスに乗る
by YUKI_GOTO | 2007-02-25 11:46