<   2007年 09月 ( 72 )   > この月の画像一覧

9/30

konnkai no ryokou de 3kasyo no tyoujyou ni iketa. 2gatu niha tomodati S to bannrinotyoujyou nimo ittanode 4kasyo tonaru. watasi ga korekara kaku pekinn Guide book ha banntinotyoujyou ni tuiteha battiri desu. sate tugiha izukohe?
追記
こんなことがあった。長城を歩く観光客は見事に西洋人という類の人々だった。聞える言葉もイタリア語、スペイン語の類ばかりだ。1人で歩くアジアの女はあの日、全長6000キロあるという長城で私1人だったんじゃなかろうか。そんな時だ。 いきなり「まいど!」と聞えてきたのだ。 耳を疑った。

まいど・・・・・懐かしい響き。振り返ると 西洋人の集団の中で1人のラテン系の顔をした青年が、私の方を見ていた。「え?日本人? めずらしー」彼は 見事に流暢な関西弁で私に話しかけてきた。 どっからどーみても ラテンの顔をしているし、周囲にいるツアー仲間も似たような顔をしている。 

「日本人に見えないんですけど」 とわたしが言うと、「いや、よー言われんねん。 ・・・」 そら 言われまっせ。そんな顔してたら! ハーフなんだろうと思うが。 ものすごく違和感があり、奇妙でおもしろいひと時だった。 
f0072976_8382433.jpg

by YUKI_GOTO | 2007-09-30 20:08 | 旅とスケッチ sketch

朝 タクシーとバスを乗り継ぎ 司馬台と金山嶺長城 2つを歩いた。この2つはつながっているのだ。 全部の距離は60キロらしい。その中の一部を歩くコースとしている。2つの長城をまたぐようになっている。かなり足元危険な上 すごい急斜面だ。健脚でないときついが わたしみたいな人には オススメだ。今充実感いっぱいで街に戻るバスの中だ。
f0072976_20335723.jpg
東直門に向かうバスの中から撮影
f0072976_005726.jpg

ホテルに着いて一息いれて ホテルの近所の肉まん屋さんで食事。肉まん屋さんといっても いろいろ置いてるけど。 先日 宇宙酒をおみやげに持って行ったからだと思うけど、 店主がピーナッツをおまけしてくれた。 帰りにも袋詰めのピーナッツをくれた。肉まんは 包子(バオズ)で通じるらしい。ちなみに餃子はジャオズという。
by YUKI_GOTO | 2007-09-30 18:21 | 旅とスケッチ sketch

長城制覇!
f0072976_2063614.jpg
ところどころにある建物は 長城のある場所によってデザインが違うのがおもしろい。
f0072976_207372.jpg
かなりぼろぼろになっている場所もある。
f0072976_207335.jpg
こんな道も少なくない。 登ることは苦ではないが下りることが 非常に苦手な私にはつらい。
f0072976_20113946.jpg
前半途中からこの人がやたらニコニコして近づいてきた。 この当たりにすむ農夫だという。 う〜ん。なんか あるな。と思ったけど、 言葉が話せないので、 愛想笑いなんかしながら 一緒にあるいた。

 左手はモンゴリア、右手は北京です。と教えてくれる。 モンゴリアといっても 今は河北省だ。確かにこの長城は北京市の一番最北にあり、河北省との境目にある。 大分一緒に歩いたところで、彼がおもむろに本を出してきた。 130元だ。という。「ほら、きた。」 本だけでは、買わないこと分かっているので、 こうしてしばらく道案内をサービスしていたというわけだろう。

 値段がどーのというよりもさ! こんなところでそんなアルバムみたいな本 重いからいらないんだって!! と思うけど、素朴で優しい人だったから 買うことにした。値切ったけど。
f0072976_208198.jpg
金山嶺長城と司馬台長城はつながっているらしい。 おそらく観光客のためだと思うが、この2つを両方あるけるようコースはまたがってある。 私は決してすべてを歩いたわけではない。 2つの長城は全長60キロあるらしい。 このコースは10キロあって、最後に河をまたぐ吊り橋をわたりゴールとなる。
by YUKI_GOTO | 2007-09-30 15:08 | 旅とスケッチ sketch

今 ホテルの庭から長城を見上げている。長城から ここまで歩いて15分くらいかな。昨日バスがないから 適当にロバを連れたおじさんの後につづいて歩いていて 偶然見つけた。 結果オーライ 長城の麓で朝を迎えたなんて! 目の保養したドイツの人からもメールきた。ああ ええ 朝や!

追記   
f0072976_1722541.jpg
ホテルの敷地から長城のある山を見上げる。
f0072976_17231940.jpg
ホテルの敷地内にらくだが!  昨日そういえば 長城に上がる手前にこいつがいた。またがって撮影するための観光用ラクダだ。昨日は横から撮影しようとしたら おばちゃんに撮影禁止!と言われたけど、今だったらいいだろう。 朝日を見上げるラクダ。はるか故郷を回想してるのか。
f0072976_17234415.jpg
 朝すぐにホテルを出た。またしてもどうにかなるだろう精神でアスファルトの道を下って行った。 確定できなかったが たぶん 朝一番に、昨日私が歩いた長城にお客を運んだタクシーがこの道路を通ってまた街に戻るだろうと考えた。それをつかまえようと思っていた。 

案の定 1台のタクシーが私が見つけるよりはやく、私を見つけ クラクションを鳴らした。 こういう田舎では 乗り合いタクシーが多く、 道ばたを歩いている人に片っ端から合図するらしい。 そして 口頭で交渉し、行き先、値段がオッケーなら 客が乗り込む。 

私は最初「会議中心」という場所を指定した。昨日バスに乗った場所だ。10元だったので、すぐに乗った。この後、司馬台長城に行くのだというと、 そこにいくためのバス停まで15元でいってやろうと言われたので、お願いした。 ここがバス停。 終点まで行く。
by YUKI_GOTO | 2007-09-30 08:18 | 旅とスケッチ sketch

9/29 ホテルを探す

そういうわけで 長城はばっちり堪能した。が 帰りの車がなかったんで 急遽 すぐ近くのホテルに泊まることにした。150元 今連泊しているホテルよりはるかに すばらしい。 こんなことなら ちゃんと荷物を用意するんだった。パンツもコンタクトレンズケースも洗顔も充電器もなーんにもない。 バッテリーもったいないから 今日は 完 明日は 別の長城めざす。 バッテリーがもったいないので 電話オフにします。

追記
f0072976_21453620.jpg
どうやって街に戻ればいいだろう・・・・どうにかなるわい!と思って頭の中はほとんど空っぽのまんま ロバの後について歩いた。
f0072976_21455568.jpg

ロバおじさんは家に着いたらしく、 曲がってしまった。 私は1人暗くなりかけた道を歩いておりた。 山間を縫ったアスファルトの車道沿い。 よく日本でも温泉郷にはいった時、「よーこそ ○○温泉へ !」とかかかれた立て看板やゲートがあるが、ああいう類のモノを建設していた。
その時 見つけたのだ。 「○○山荘 100米」という看板。 ・・・・近いじゃないか! 行ってみよう!
by YUKI_GOTO | 2007-09-29 19:07 | 旅とスケッチ sketch

9/29  長城より

北京にきて六甲縦走が役立つなんて。 かなりしんどい。ちなみ あまり人がいなくて 最高!少なくとも今は独り占め!

f0072976_21184018.jpg
f0072976_2141520.jpg
 かなりのアップダウンがあり しんどい。 ここで行き止まりとなるので、引き返す。
f0072976_2142649.jpg
 最高に急勾配の階段。 高所恐怖症というわけではないのだが、ちょっとガクガクした。  それにしても高いところが あれば 登らないと気が済まない自分ってなんだか てんとう虫かなんかのような気がする。
by YUKI_GOTO | 2007-09-29 16:20 | 旅とスケッチ sketch

9/29   

やっと着いた。いい天気だ

f0072976_21152013.jpg
長城ってのは、車をおりて、いきなり いわゆるあの石でできたくねくねの壁に到着するのではなく、 そこに行くまでにかなりの距離を歩く。 エントランス入ってしばらくは 土産や店が並ぶ。

ここの長城にはあまり日本人はいないらしい。 ヨーロッパ系の人ばかり目立つ。
by YUKI_GOTO | 2007-09-29 16:18 | 旅とスケッチ sketch

9/29   

OK 食べた トイレいけた。レストランの店員に藁をすがる気持ちできいた。 街中を走るタクシーにまず乗れ 会議センターで バスを拾え ということだった。 会議センターではまたしても シロタクが たくさんいて 長城行きバスはないから 50元でタクシー乗れとしつこく つきまわる。

ウソだってことはもう知ってるもんね。探した 長城行きバスを! さっきのシロタクは 簡単にあきらめない。ずっとついてくる。まじに腹たちそうだった。そんなとき 見つけたのだ。 見ろ コノヤロー

f0072976_2133578.jpg
追記   小さな食堂に入って 壁に貼られたメニューの場所まで行き 指差して注文。 食べ終わってから 店のお姉さんに 長城への行き方を聞いた。 お姉さんは 紙に書いたりして教えてくれた。 環城 → 会議中心   小芭(漢字違う)環城ってなんや? それは地名か?   そこにはどうやって行けばいいのか?  全くわからなかった。
f0072976_13312217.jpg
朝ホテルを出るとき、 ガイドブックにあった目的の長城の書かれたページのみ破って持ってきた。

  しゃーないなあって感じで 私を大通りまで つれてってくれ 車を1台止めた。フロントガラスには 環城とかかれていた。  後で分かったんだが、 環城ってのは おそらく この市内のみを循環しているタクシーらしい。 その後何度かこの車をみかけた。   第一歩 前進。 うれしくなって 車内からお姉さんに 大きく手を振ったら お姉さんも笑いながら手を振りかえしてきた。
by YUKI_GOTO | 2007-09-29 14:56 | 旅とスケッチ sketch

9/29   

なんか大きな街中におろされた。ここは一体どこ? 今からどーしたらいい?とりあえず おしっこしたい。お腹もすいた
by YUKI_GOTO | 2007-09-29 13:57 | 旅とスケッチ sketch

今から慕田峡長城にいく。読み方もわからん。 こっちで買ったガイドブックのこのページだけ破って出てきた。 どないかなる。 また 圏外になるだろうから 今のうちに 送信。夕べは Aちゃん紹介の王さん 辛さんと 火鍋を食べた。ビールもかなり飲んだ。

気持ちよくホテルに戻ると アルゼンチンやったかな カップルが 西安の行き方を聞いてきたけど 悪いけど知らん。と答え 英語でしばらくおしゃべり。あのホテルは 当初 嫌いだった。顔の違う外人が溢れているんで びびってたけど 慣れた。今じゃわたしも ロビーでふんぞり返ってインターネットしている。

考えてみたら みんな 大人に見えるが 多分わたしの方が オバハンのはずだ。 日本の中でも背丈 顔は違うし 地方の方言はわからない時が あるんだから それが もっと激しいだけだと 解釈することにした。
f0072976_2053273.jpg
東直門という地下鉄の駅のそばには 大きなバス停がある。長距離バスがここから出ている。空港に向かうバスもここから出ている。 私はここからバスにのって出発。
by YUKI_GOTO | 2007-09-29 12:16 | 旅とスケッチ sketch